リフォーム現場の日記です。リアルタイムにお届けします。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
自動火災報知器の設置
三軒茶屋の事務所の一階に花の木というお弁当屋さんが営業をしていました。
20年営業をし続けたのですが、年齢のこともあり、この3月で閉店しました。
その後にイタリアンレストランが入ることになり、店舗の用途が変更になり、建物全体にに自動火災報知器設置義務が生じました。


自動火災報知器設置義務条件は飲食店入る場合、300平米以上の建物に生じます。
毎年のように消防法変わります。
今まで緩和を受けていてご心配な方はぜひ一度ご相談ください。
ご相談、見積りは無料です。
シースルー太陽光モジュール

昨日からの引き続き、「くらしのデザイン展」について。

 

「カワルコト」の中で、一番印象的だったのは、シースルー太陽電池モジュールの展示でした。

マンションベランダの手すりや窓、カーテンウォール、ひさしなど、一般的なガラス建材が取り付けられている場所に使用でき、また、発電と採光が両立できる優れものです。

これからもっと価格的にリーズナブルになれば一般家庭でもどんどん採用され、環境保護にも役立つのでしょうね。エネルギーの安全・安心・経済性に一役も二役も買ってくれそうです。




草加のH様邸
 草加のH様邸リフォーム、ユニットバス、トイレの交換工事、全部屋のクロス張り替えとが先週金曜日に終わりました。


3人家族がお住まいになりながらの工事としては、大掛かりだったにもかかわらず、H様のご協力のもと、予定よりも一日早く終えることができました。

大勢の職人が、ご家族の生活のされている部屋をバタバタと行き来しても、嫌な顔一つせずに私たちの要望を聞いてくださったHさん、本当にご協力ありがとうございました。

今回のリフォーム工事は、ゆっくりと準備を進めていったため、ご家族全員のご希望を聞くことができました。また、TOTO、LIXIL、PANASONICと主だったメーカーのショールームを全部見学し、ご自分の目で見て、実際に触れることができたことは良かったと思います。

数ある商品のから、TOTOの最新モデルをお選びになったのは、他のメーカーにはないクレイドル浴槽が決め手だったようです。



最近、テレビのコマーシャルでも良く見るあの、クレイドル浴槽。お風呂につかっている男性は本当に気持ちがよさそうです。
また、実際に見てもとてもオシャレで素敵です。

さて、H様の感想はというと・・・・

浴槽の縁に頭を休めることができるので、ゆっくりと湯船につかり、くつろぐことができるけど、縁にスペースが割かれた分、浴槽が小さくなったような気がする、とのことでした。



どんな商品にも一長一短があり、またその商品のよさが活かせるための適正なスペースというのがあるのも事実です。ショールームで見たから、大丈夫というのでは、だめなんだなとつくづく反省しました。

限られたスペースをどうやって最大限に活かすのか?

お客様に喜んでいただくためにも、もっともっと商品を勉強する必要があるなと反省しました。
暖かいお風呂になりました。
 世田谷T邸のユニットバスの設置が終わりました。

T邸は築80年の木造建築。ご主人が6歳のときに建てられてから、ずっとご主人とその家族の見守り続けてきた、思い出がたっぷり詰まった家です。

とはいえ、家も快適に過ごすには改修やお手入れは必要です。
今回のユニットバスの導入は、暖かいお風呂をおばあちゃんとおじいちゃんにプレゼントしたいという、お嫁さんの発案で始まりました。

 

80歳のお風呂、開けてみてびっくり。
もう少し工事が遅れていたら、大きな事故につながっていたかも知れないような状態でした。

高い費用がかかると思われがちな、家のリフォームはついつい後回しにされがちです。でも、家は私たちの生活の基盤。もっと大切に大事にした上げてもいいのでは・・・・・
頑張って私たちの生活を支えてくれている家にもっと感謝の気持ちを表す意味でも、お手入れや改修を定期的にする必要があると思います。

家の手入れも歯の治療と同じです。ほっとけばほっとくほど、大掛かりな治療が必要になり、時間も費用もびっくりする程に膨れ上がってしまったという経験をお持ちの人は多いのでは?

こまめのお手入れがコストの削減につながるというのは何の場合にも当てはまるのではないでしょうか。

さて、T邸のユニットバス。こんなに快適で綺麗になりました。今年の冬は、ヒヤットした床に悩まされることもなく、また柔らかい床で万が一転んでも、タイルの床よりもずっと安全です。

ご高齢のご両親への本当に素敵なプレゼントになりました。





ユニットバスの交換
千葉県にお住まいのHさん宅のユニットバスの交換が終了し、無事引き渡しが完了しました。
築12年のマンションを購入されてから13年、築25年のマンションの水回りは水栓の水漏れやタイルのカビなどが目立つようになってきていました。

浴槽のリフォームというと時間と費用が心配でとおっしゃる方が多いのですが、浴室解体から完成まで通常で2〜3日という速さで工事を完了することができます。働いていらっしゃる奥様でも、土曜日と日曜日の休日を利用して頂ければ、リフォームのためだけにお休みを取っていただく必要もありません。また、費用も100万円前後で納まります。

今のユニットバスは、25年前にはなかったようなECO機能が満載。
たとえば、魔法瓶浴槽は二重断熱構造だから6時間たっても、お湯の温度の低下はたった2度。ガス代が年間で5,878円の節約という試算が出ています。
タッチ水栓に取り換えることで、水道代 ¥8,241+ガス代¥16,099=¥24,340円の節約
クリックシャワーで、水道代¥8,241+¥16,099=¥24,340
蛍光ランプ 電気代−¥658
すなわち、年間で¥55,216節約できることになります。

もうひとつの大きな特徴は、もっと大きなお風呂を手に入れることが可能になることです。すなわち、配管経路の見直しによって通常で13センチ、デッドスペースがある場合は21センチ広げることが可能です。ゆったりと足が伸ばせるようになれば、家風呂もずっと楽しくなりそうです。


Hさんが一番に喜んでいられたのは、水滴を誘引する新構造の「カラリ床」。
お手入れが簡単、また自然に乾くから、浴室に足を踏み入れた時の「ヒヤッ」とした感触がなくなったそうです。
生まれ変わるぞ!!
 Iさん邸の全面リフォームが月曜日から始まりました。

火事でほとんど全焼してしまったIさん邸。お子さんのおもちゃが真っ黒焦げで転がり、奥様の大学の卒業写真が消火の水で膨らんでいるのを見ると、胸が痛みますね。
火事から3カ月を経過してもまだ相当のきな臭さが漂い、火事のすごさを感じさせるものがありました。

今回の火事は、てんぷら鍋をかけたままで、うっかり宅配の応対に出たことが原因でした。ほんとにちょっとしたことがこんなに大きな事故につながるとは怖いですね。







そんなことから今回はIHクッキングヒーターを取り入れて頂けることになりました。

IHは火を使わず鍋自体を発熱させる、人と環境にもやさしいクリーンエネルギー。納得の高火力、安全性、そしてランニングコスト…。どれをとっても、新しいエネルギーの優位性を感じさせる優れものです。また、各社がIHクッキングヒーターの開発にしのぎを削り、デザイン性に優れ、またコストもかなり下がってきているようです。





IHを取り入れれば、今回のような悲劇がかなり減少できるのかもしれません。









逗子K邸 改修工事
今日も暑いですね!
K邸の改修工事の様子です。

すっかり春!
期末決算や、風邪引いたり、なんだかんだと更新をサボっていたら、もうすっかり春!
現場にいても寒くないどころか、汗ばんだりして・・・・・
いい季節ですね!
最近のリフォームを紹介です。

このような中古マンションをスケルトンにしまして次のようになりました。
三軒茶屋 N邸 完成









今日の現場
玄関
黒の御影石が張ってあったのだが、明るい玄関にする為、イエローの大理石をはった。玄関収納、建具は白の吹きつけ塗装をした。





トイレ
トイレの床はベージュ系の御影石を貼り、TOTOのサティスを入れた。



洗面所
洗面所にも床暖房を入れ床は御影石を貼ってる。