日々の日記です。リアルタイムにお届けします。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
今年のパーティー料理の強い見方
JUGEMテーマ:日記・一般

今年もパーティーシーズンがやってきます。
皆様のお宅では、今年はどんなメニューでお客様をおもてなしするのでしょうか?料理の苦手な私にはちょっと頭の痛い季節です。

IHのコンロに取替たいと言い続けていた弊社社長が、アウトドアでおなじみの万能鉄鍋「ダッチオーブン」を購入した途端、ダッチオーブンの魅力に取りつかれ、料理の楽しさにもまた目覚めた様子。ダッチオーブンで焼いた洋梨のケーキを頂きましたが、その美味しさにびっくり。IHクッキングヒーターを今まで自慢していた私もついつい後悔したほどです。

    
 
キッチンリフォームをご希望のお客様の多くがIHの導入を考えられている傾向が見られますが、安心安全で手入れが楽なIHも、火力の強いガスもどちらも一長一短があります。ダッチオーブン機能が付いたガスレンジは料理の幅を広げ、今年のホリディシーズンには大活躍してくれること間違いなしかも。今度はまたガスにしようかなとちょっと考えてしまいました。

それでは、ご参考までに東京ガスのくらしのデザイン展’13で教えて頂いた、ダッチオーブンを使った洋梨のケーキの作り方をご紹介しましょう。


 
材料名 分量 作り方
無塩バター 125g 〈準備〉
  1. 卵、レモン汁は室温に戻しておく。
  2. ベーキングパウダーと薄力粉はふるいにかけておく。
  3. 洋梨のコンポートを作る。
    • 洋梨の皮をむいて芯を採り、5ミリ幅位に切る。
    • ,陵陵と残りの材料を入れて、灰汁を取りながら弱火で煮詰める。
    • 15分位煮て洋梨が透き通ってきたら火を止め、そのまま粗熱が取れるまで冷やす。
砂糖 50g
2
薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
レモン汁 小さじ1
洋梨シロップ 1個分
  1. ハンドミキサーでバターを混ぜ、そこへ砂糖→ハチミツの順に入れ、白っぽくなるまでよく混ぜる。
  2. それに溶いた卵を23回に分けて混ぜていき、レモン汁も加えて混ぜる。
  3. 薄力粉とベーキングパウダーを2に加え、ゴムべらで生地を潰さない様にさっくりと混ぜあわせる。
  4. ダッチオーブンにオーブンシートを敷き、生地の半分を流し込み、洋梨のコンポートの2/3量を敷き詰める。残りの生地をその上に流し込み、残りのコンポートを並べる。ダッチオーブン機能【18分加熱+10分余熱】で焼きあげる。
  5. 焼きあがったら、コンポートでできたシロップを全体に回しかける。粗熱が取れたらラップに包んで、冷蔵庫で冷やして完成。
〈梨のコンポート〉
洋梨 1個分
グラニュー糖 30g
ハチミツ 10g
白ワイン 50cc
50cc
シナモンスティック 1
レモン汁 大さじ1/2


     
     


 
水栓の交換


今日はちょっと暖かくなってきましたね。
花粉症の人にはつらい季節の到来ですね。

昨日は、藤が丘のSさん宅の水栓取り換え工事が終了しました。
イマドキの水栓は、節水機能も充実。またソフトシングル機能が急に水を止めたときにおこるウォターハンマー現象を低減し、ドンという不快な衝撃音を和らげます。

デザインですぐれたものが多く、水栓を変えただけで、キッチンの雰囲気をかなりアップすることにもなります。

今回のSさんは浄水器が内蔵されたものに変えられましたが、工事も1時間弱、費用も6万円弱のものです。

これから長い間、使っていただく間の節水効果ですぐに工事費用は回収できるのではないでしょうか?

施行前


施行後




神奈川のK邸 キッチン改修工事
キッチンの改修工事です。
大変見晴らしの良い高層マンションでのキッチンリフォームです。


1級建築士 学科発表の日
今日は1級建築士 学科発表の日でした。
実は私も今年は受けました。
仕事と勉強の両立は誰もが感じたと思いますが大変ですね・・・・・
ブログの更新は諦めて、ちょっとの時間も勉強をしましたが・・・・
基準点97点には及ばす、残念、引き続き来年に持越しです。
今年は簡単と言えども97点では無理でした・・・・
で、久しぶりの更新です。
仕事と勉強の両立、もう1年・・
つらいなー、でもがんばろ!

戸塚のS邸 キッチン交換です。
既存

新規キッチン INAX イスト

キッチン取替工事
キッチンの取替工事を行なった。
松下電工のFIT。
シンク下が収納件座るワゴンというので、このキッチンをお勧めした。


S邸 キッチンキャビネット
オープンキッチンにカウンターキャビネットを造作した。
こちらの奥様はお菓子作りが趣味で将来教室も開きたいとの希望があった。
キャビネットのカウンターは御影石で作った。

中はスライドレールで引き出せるようにした。


カウンターはお菓子や、パンが作りやすいように天然石のカウンターにした

キッチン側は収納する物に合わせた高さの引き出しにし、リビング側には飾りだなをオープンで作った。



キッチンのリフォーム
BEFORE

AFTER

築30年のマンションリフォーム。
キッチンはINAXを使用。