リフォーム現場の日記です。リアルタイムにお届けします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
トイレ掃除をもっと楽に

厳しい寒さの三連休、最後にやっと青空が戻ってきましたね。
連休最後の日曜日、青空に誘われて新橋にあるパナソニックのショールームに出かけてみました。ここでは家に関するすべてのことが体験できる、かなり便利なところです。一生の中で一番大きくて高価な買い物である“家”。理想の家を実現するためにも納得のいくまで細部にもこだわりたいものですね。

また、図面や写真だけではなかなかイメージがわかないもの・・・・実際の雰囲気をつかみ、宣伝文句に惑わされずに実際の使い勝手を実感するためにも、ショールームを利用するのは絶対にお勧めです。

今日は、アラウーノを体験してきました。掃除は苦手、特にトイレ掃除にはもっと苦手。だけど、汚いトイレは許せないという人はいっぱいいるのでは。そんな人の救世主に全自動お掃除のトイレのアラウーノがなってくれるのでは期待いっぱいで体験してきました。



まず、第一にフチウラがない。あの黒く汚れたフチウラの掃除がいやだって言う人は結構多いのではないでしょうか。
また、泡洗浄で汚れを毎回落とすのですが、その洗剤も市販の台所用合成洗剤を使用しています。だから特別な洗剤を別に購入する必要はありません。だけど難を言えば、洗剤の垂れ流しが環境汚染になるのかなとは思いますが・・・・
第3に、スパイラル水流なので、少ない水量(5.7L)でパワフルに流すことが可能です。また、音が静かなのにびっくりしました。




今、エコ型のトイレがはやっていますが、そのため各社いろいろな形で特化を図っているエコトイレ。
トイレ掃除が苦手という人は検討対象の一つに入れてみればいかがでしょうか。



節水型トイレは本当にお得?
世田谷にお住まいのHさんに2か月前に節水型トイレを取り付けて頂きました。今日Hさんにお話を伺ったところ、大家族のH家では、水道代金がかなり節約できたとやりくり上手のHさんは大喜びでした。

さて、どのくらいの節約ができるのでしょうか?
従来型のトイレは大洗浄で約13Lの水を使用しますが、節水型のトイレは5L前後と半分以下でOK。
これを水道料金に反映させると毎年かなりの額の差が生じることは明らかです。



ジャーと流れる水量が少なくても、繰り返し流さなければ汚れが落ちなければ節水とは言えません。それではどうして少ない水量で汚れを流せるのでしょうか?




タンク内の水位を高く設定することで落差をより大きくし、水の勢いをアップさせ、水量を制限。だから少ない水量でも大丈夫なのですね。

節水型トイレにGOOD NEWS!!!
来年1月からの住宅エコポイント制度の対象拡充に伴うポイント数が発表されました。新たに対象になる太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、いずれも2万ポイント(1ポイント=1円)が発行されます。

トイレの取り換えをお考えの方、節水型トイレ取付で水道料金の節約とエコポイントの獲得の一挙両得はいかがですか?
トイレ施工例
トイレをリフォーム
BEFORE

AFTER