リフォーム現場の日記です。リアルタイムにお届けします。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Merry Christmas
Merry Christmas

事務所移転のお知らせ
長年一橋の交差点で麻布十番の発展と共におりました弊社ですが、本店建て替えのため一時移転いたします。
仮事務所ですが、港区東麻布3-5-1となります。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
地盤調査
今日から事務所にある駐車場で地盤調査を行います。
周辺のデータより強固な地盤が割と浅い所あるようですが、地下20m下までのn値まで調べます。






古川の水は長く降り続いている雨の影響で濁っています 。

増え続ける空き部屋対策とプチリフォームで有効活用
近年問題になっており、また年々増え続けるマンションの空室や空き物件をお持ちの方に、それらの有効活用方法としてレンタルスペース、シェアオフィース・シェアーハウスはいかがでしょうか。 これからの東京は2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、外国人観光客が増えています。が、一方で宿泊施設が足りていないとの情報です。 この機会に国際交流も兼ね、民泊を始めてみるのもいいかと思います。 壁紙やパーテイションなどのシンプルな改修工事で多目的な室内利用が出可能になり、空室の有効利用が出来ます。 経験豊富な一級建築士や宅地建物取引士が方法を丁寧に一緒に考え解決致します。 また、これからシェアハウス・シェアオフィースを始めたい方には土地探し・購入・契約の初期段階から設計までワンストップでお手伝いいたしますので、安心してお任せください。不動産運用に関する総合的なアドバイスも可能です。 お気軽にご相談ください。
エイジングペイントを使ったコースター
5月7日に六本木フラットでエイジングペイントを使ったコースター作りワークショップを行いました。
20代から50代の女性が集まり、それぞれ好きに絵の具を切った木材に塗り、思い思いのコースターを作りました。
8日の母の日のプレゼントにぴったり




裏には可愛いマークもつけました
東京商工会議所女性 新年親睦会
先日、東京商工会議所女性会の親睦会に参加いたしました。
N響の演奏を聴きながら、美味しいお食事とおしゃべりを楽しみ、今年はとてもいい一年になる様な予感がしました。
理想の家
今日は昨日の天気と打って変わり気持ちの良い秋晴れだった。
特に予定もない日は本読む日に当てるのが一番である。
図書館に行って、面白そうな本を4冊借り、自宅に帰る途中の本屋さんでpen を購入。
ディン・Q・レ展
森美術館でディン・Q・レさんの展示をやっている。
『漂う民』抹消 という作品のパートで大量の古い写真の海に座礁している船が浮かいでいるのである。
観客が海に見立てた写真を選んで箱に入れ、それをスキャンしてWebにアップする作業をボランティアしている。
ディンさんはベトナム戦争の傷をアーティストとして表現している。
戦後に生まれた私だが、母は12歳の時に終戦を迎えた。
また戦争中の8歳の時に母親無くしている。
写真をスキャンしながらそんな事が頭をよぎった。みじかなところでの戦争の傷跡である。

アーティストについて

ディン・Q・レ
1968年、ベトナム、ハーティエン生まれ。ホーチミン在住。1978年、家族とともにアメリカへ移住。1989年、カリフォルニア大学サンタバーバラ校にて美術学士課程修了、1992年、ニューヨーク視覚芸術学校美術修士課程修了。
主な個展にシャーマン現代美術基金(シドニー、2011年)、ニューヨーク近代美術館(2010年)、タフツ大学アートギャラリー(マサチューセッツ、2009年)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク、2005年)など。主な国際展にメディアシティ・ソウル2014(ソウル市立美術館)、ドクメンタ13(カッセル、ドイツ、2012年)、シンガポール・ビエンナーレ(2008年/2006年)、第50回ヴェネチア・ビエンナーレ イタリア館(2003年)など多数。









一級建築士製図試験
今年の一級建築士製図試験は『市街地に建つディサービス付き高齢者向け集合住宅』である。
サービス付き高齢者向け住宅(サービスつきこうれいしゃむけじゅうたく)とは、日本において、高齢者住まい法の基準により登録される、介護・医療と連携し、高齢者の安心を支えるサービスを提供する、バリアフリー構造の住宅とされている。
この住宅をコンセプトである、計画の要点を含め、6時間半で書き上げるのである。
難しそうですね…


単位展
溜池山王にあるサンゲツのショールームに行った帰りに六本木ミッドタウンの21ー21美術館で開催されている単位展に寄ってきた。
1センチから100センチまでずらっと並んだいろんな品々が面白かった。