リフォーム現場の日記です。リアルタイムにお届けします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
介護保険で手すりの取り付け
元気で動けるときにはちょっと見過ごしですが、高齢者が自立して生活していくうえで、手すりは必需品なんですね。
今日は世田谷にお住まいのMさん宅に、介護保険制度のサービスを利用して手すりを設置するため、「介護保険住宅改修費支給・事前申請書」を提出してきました。

Mさんも普段は元気で歩いているため、家族も住宅改修の必要性について全く気がつきませんでしたが、要支援1と認定されました。
ご家族から相談を受け、玄関、洗面所に続く廊下、脱衣場とMさんのお部屋の要所要所に手すりをつけることになりました。

手すり及び設置費用の20万円のうち、9割が介護保険から支給されるので、Mさんの負担は2万円のみ。申請書を提出したり、市町村の許可が必要とはなりますが、高齢者とその家族が笑顔で生活できるように私たちも頑張っていきたいですね。