日々の日記です。リアルタイムにお届けします。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 一級建築士製図試験 | main | 理想の家 >>
ディン・Q・レ展
森美術館でディン・Q・レさんの展示をやっている。
『漂う民』抹消 という作品のパートで大量の古い写真の海に座礁している船が浮かいでいるのである。
観客が海に見立てた写真を選んで箱に入れ、それをスキャンしてWebにアップする作業をボランティアしている。
ディンさんはベトナム戦争の傷をアーティストとして表現している。
戦後に生まれた私だが、母は12歳の時に終戦を迎えた。
また戦争中の8歳の時に母親無くしている。
写真をスキャンしながらそんな事が頭をよぎった。みじかなところでの戦争の傷跡である。

アーティストについて

ディン・Q・レ
1968年、ベトナム、ハーティエン生まれ。ホーチミン在住。1978年、家族とともにアメリカへ移住。1989年、カリフォルニア大学サンタバーバラ校にて美術学士課程修了、1992年、ニューヨーク視覚芸術学校美術修士課程修了。
主な個展にシャーマン現代美術基金(シドニー、2011年)、ニューヨーク近代美術館(2010年)、タフツ大学アートギャラリー(マサチューセッツ、2009年)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク、2005年)など。主な国際展にメディアシティ・ソウル2014(ソウル市立美術館)、ドクメンタ13(カッセル、ドイツ、2012年)、シンガポール・ビエンナーレ(2008年/2006年)、第50回ヴェネチア・ビエンナーレ イタリア館(2003年)など多数。