日々の日記です。リアルタイムにお届けします。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 今年も宜しくお願い致します! | main | 世界の街並み >>
自分らしく生きる

29年度宅建港レディース部会セミナー

                        2018年1月16日

 

今年の宅建港レディース部会のセミナーは公益社団法人プラン・インターナショナルジャパンの理事長である池上清子先生においで頂き、今の発展途上国の女性・女の子の現状について役1時間半、公演していただいきました。

当日、プロジェクターが使えないというパプニングがありましたが、先生は臨機応変に資料やパソコンを使いながら、対応して頂き、大変感謝です。

池上先生は途上国の何人の女の子がどんな理由(早すぎる強制的な結婚、出産、学校での暴力、学費の不足など)で中途退学しているかのデータがないなか現地で調査、支援し、ひとりでも多くの女の子を学校に戻し、また、15歳未満の母親から毎年生まれる約200万人の子どもたちに関する正確なデータもない中、幼い母親から生まれた子どもの命を守ったりしています。

 数字に基づいてこそ、適切な政策を作り、実施できます。データとは、単なる数字ではありません。人をエンパワーし、その命や尊厳を守る根拠となるものなのです。そこで、プランのBecause I am a Girlでは、世界の女の子の現状に関するデータの充実も重視して活動しています。

この恵まれた日本ではなかなか考え難いことですが、現実には女性というだけでの差別があり、学校にもいけず、家事労働を押し付けられるという厳しい生活をしている地域がまだあるのです。

私達も世界に目を向けて、少しでも活動の輪を広げる出来手伝いが出来ると良いなと思いました。

途上国の女の子が教育を受けられ、自分で仕事につき、お金を得る事ができれば、

早すぎる結婚や家庭での強制労働も減らせ、健康被害がなくなり、性差別のない世界に少しづつ出来ると良いと同じ女性の立場として思いました。

その後は、近くのレストランで懇親会をおこないました。

まだ聞き足りない事や、会員相互の懇親などを行い、約1時間程の時間でしたが新年にふさわしい、セミナーを行えてよかったと思いました。







 

 

         宅建港レディース部会長  中村 鈴子