日々の日記です。リアルタイムにお届けします。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 世界の街並み | main | 明けましておめでとうとございます >>
クリスマスプレゼント

「クリスマスプレゼント」

 

先日、私が「自分ごと」として関わらせて頂いている、外国にルーツを持つ子供達が通うフリースクールでのクリスマス会に参加させて頂いた。 持参する物の中にプレゼントとして500円から1000円くらいで1〜2個と書かれてあった。 12歳から16歳くらいの子供達のプレゼントって一体なにがいいのか、随分悩んだ。 子供にとってやはりクリスマスプレゼントは特別嬉しいものだ。 私の子供達は小さい頃はサンタさんを信じて、12月に入るとサンタさんへの手紙に欲しいプレゼントを書き机の引き出しにしまっていた。それをこっそり探して、クリスマスイブまでにプレゼントを用意していた。 ある年、子供たちの欲しいものより、読んでもらいたい本を用意した。かなりがっかりしたようである。 サンタはいないのかもと思った出来事のエピソードとして語られている。私も大変反省した記憶の一つである。 そんな思いもあり、子供達へのプレゼント選びは慎重になる。 なので今回は私が子供の頃に貰って嬉しかった思い出の一品にした。 美味しいお菓子もたくさんあるが、ノスタルジックな思いも込めて予算もぴったりな、ブーツ型した入れ物にお菓子が詰め込まれているのを2個持参した。 クリスマス会のはじめ配られた番号を呼ばれた順にプレゼントを選ぶのだが、結構早くブーツのお菓子が選ばれた。となりにおかれていた図書カードはやはり子供達は選ばす、いつの時代も変わらないのだなと、クスッと、笑ってしまった。 余興に勉強している日本語で劇を見せてくれた。 寒い日だったが、心がほっこりと暖まったクリスマス会だった。