日々の日記です。リアルタイムにお届けします。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 発展を続ける街 本厚木の物件 | main | バリアフリーリフォーム減税 >>
バリアフリーリフォームは、最大20万円控除

 

制度期限▶所得税:2021年12月31

 

うちにいる時間がある時に家のことにについて考えてみましょう。

リフォームや建て替え、新築にも多くの助成金や、減税措置があります。

その中でバリアフリー減税について調べてみました。

 

バリアフリーリフォームは、最大20万円控除

 

【バリアフリー特定改修工事特別控除制度】

50歳以上の人、65歳以上の人と同居する親族、または要介護・要支援認定者、障がい者本人や同居する親族が、バリアフリーリフォームを行った場合、工事費用相当額の10%、最大20万円が、所得税から控除されます。

 

    工事費用相当額の限度額   200万円
       控除率   10
      最大控除額   20万円
これだけお得です

 

 

 

 

下記のような方が利用できます

次のいずれかに当てはまり、賃貸ではない、所有する住宅のリフォームを行う方

  • 50歳以上の方
  • 要介護または要支援の認定を受けている方
  • 障がい者
  • △に当てはまる親族または65歳以上の親族と同居されている方

 

 

       ▶工事完了日から6か月以内に居住している方。

       ▶工事後の家屋の床面積が50岼幣紊任△詈

       (併用住宅の場合)

       ▶床面積の1/2以上が自己の居住用である方。

       ▶合計所得金額が3,000万円以下の方。

 

※助成金申請手続きからお手伝いいたします。お気軽にお申し付けください。